スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よんだ!



夏休みの前から読もうと思ってほったらかしてた
「ハンニバル・ライジング」をやっと読み終えました。
「羊たちの沈黙」とか「ハンニバル」のシリーズですね。
何年か前に映画化もしました。
スプラッターみたいなのは苦手だったので映画を見る気はさらさらなかったけど
主演のギャスパー・ウリエルに惹かれてパンフレットだけ買った記憶が……
で、それに出てる悪人のひとりを演じてた俳優さんが、私と誕生日が同じだった
っていうのを妙に細かく覚えてます。

いちおうざっとあらすじでも……

第二次世界大戦末期。
リトアニアの貴族、レクター家の子ハンニバルは
ソ連軍とドイツ軍の戦闘に巻き込まれ、12歳にして両親を失う。
その夜、彼と妹のミーシャが過ごすロッジが対独協力者の一味に襲われてしまう。

愛する者と言葉、そして記憶の一部を失ったハンニバルは
幸福とは言い難い孤児院での生活を送っていたが、
フランス人の叔父に引き取られ、その妻である日本人女性、紫夫人と出会う。
ふたりから多くのことを学んだ彼は、言葉も話せるようになり、
その優れた才知をいかんなく発揮して、やがてパリの医学校に進んだ。

しかし、優秀で品行方正な学生を装う彼が記憶の一部を取り戻したとき、
獣たちへの静かな復讐劇が幕を開けるのだった。


こないだ映画の「羊たちの沈黙」見たんですが
あれのアンソニー・ホプキンスは本当に怖いですね~
そのうちこの「ライジング」も見てみたいです。
でもあとがきで
「ハンニバルの精神の成長に関する部分はかなり省かれてる」
って話だったんですよねえ。どうなんだろ。

ちなみに、私の中で子供時代のハンニバルは矢島晶子さん、
大人になったら緑川光さんの声であててます^^^^
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ご訪問くださったお客様の合計
プロフィール

火空つばめ

Author:火空つばめ
座右の銘
「全自動焼海苔吸引機」

二次とオリジナルの絵を
置いております。
だいぶさぼってたけど
ぼちぼち再開したい所存

※絵のお仕事募集中です!
ご連絡はメールフォームから
お願い致します。

最近は
・無双7
辺りに燃えている

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
水木作品イラスト
009イラスト
もろもろイラスト(二次)
色んなジャンルごった混ぜ
オリジナル
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム
何かありましたらどうぞ お気軽にご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。