スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮の化身

封神演義」のなた坊やです
だいぶ前に描いて色も塗って放置してたのが出てきました。
「なた」という字が、平仮名になってますが、

封神演義 なた

で調べるとウィキとか出てきます。もし気になる方がいましたら、調べてみてください。
「封神演義」は昔、小中学生向けのを読んだ程度で記憶もおぼろですが、一番好きなのはこのキャラクターです。
ウィキによりますと、


明代の神怪小説『封神演義』では、陳塘関の李靖将軍(後の托塔天王)の第三子。長兄は金吒、次兄は木吒。夫人が三年六ヶ月で出産した「肉毬」を李靖が切り裂いたところ現れた。名づけ親は太乙真人。

7歳(身長6尺)のとき、東海龍王敖光の巡海夜叉の李良と竜王の三太子敖丙を殺し敖丙の背筋を抜いたことにより父の怒りをうけ、罪をあがなうために自らの肉と骨を切り自害。死後母親の夢に現れ、己の行宮を建てるよう頼んだ。神像が3年間受香すれば再生できるはずだったが、事の次第が李靖に発覚し行宮を焼き払われたため、太乙真人は蓮の花に金丹を入れて肉体とし哪吒を復活させた。父とは燃灯道人がとりなし和解。

闡教の道士として父や兄と共に周陣営に参加し、以後商の仙人と闘う。後に三面八臂の姿を得た。



私が読んだやつだと、太公望たち周軍の攻撃の軸を担うれっきとした将とはいえ、なんだかんだで子供らしいところもちゃんとあって、敵の攻撃を食らって、たんこぶつくって泣きながら帰ってきたこともあった……気がします。




追記(2012.02.04)
絵が納得いかないので消しました。
「哪吒坊見に来たのに!テメー消してんじゃねーよ!」って思った方で
且つわたしの絵柄でもいいよ見てやんよっていう奇特な方、
もしいらっしゃったらコメントなど頂ければ改めて哪吒描きます。
いるわけねーけどな!!(大笑)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

封神演義

意外かも知れませんが、案外と今の中国の若者って「封神演義」知らないんですね。
三国志、西遊記、水滸伝、紅楼夢は教科書にもあるし、映画とかにもなるから知られているんですが。
まあ一時期古典をあまり教えなかった時期があるからでしょうね。
香港とか東南アジアの図書館、古本屋の方が貴重な資料とか見つかると思います。

Re: 封神演義

そうなんですか!意外です!日本でこれだけ有名なので、
てっきり向こうでも漫画化されたりして人気があるのかと思っていました。
映画化があまりされないのは、あれだけ変なのが大量に出てくると
映像化するのも大変、ということなんでしょうか。
日本の古典も、多少疎かにされている部分もあるみたいですよね。
源氏物語などは、深く読むと現代の小説にも劣らない社会的な作品なのに、
古典という科目そのものの時間が少ないので表層的な理解で終わってしまいがちなんだそうです。

中国文化を知らない中国人

まあこの60年、中国って政治で振り回されて、今は金、金、金で文学とかダメなんですよね。
中国映画も時代考証がおかしいものが多々あります。
イケメン、美人使って客が入ればいいと、そもそも大衆は時代考証する眼力持っている人は
少ないです。
だからかえってシンガポールの方に聞いた方がいいとか、日本の東洋文庫あたり探すと
貴重なものが出てきたりします。

日本も”好きな人”でないと古典てダメですね。
ご訪問くださったお客様の合計
プロフィール

火空つばめ

Author:火空つばめ
座右の銘
「全自動焼海苔吸引機」

二次とオリジナルの絵を
置いております。
だいぶさぼってたけど
ぼちぼち再開したい所存

※絵のお仕事募集中です!
ご連絡はメールフォームから
お願い致します。

最近は
・無双7
辺りに燃えている

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
水木作品イラスト
009イラスト
もろもろイラスト(二次)
色んなジャンルごった混ぜ
オリジナル
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム
何かありましたらどうぞ お気軽にご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。